ライフプラン計画表

ライフプラン計画表とは、ワークシート<私の人生設計>で分野ごとに作り上げたライフプランについて、経済的裏付けを与えるための確認・管理表です。 目に見える形で残しておくことが、確実な実践へと繋がります。ライフプランは、毎年1度は見直してみましょう。見直すことによりタイムリーで実践可能なものとなります。

ライフプラン計画表のイメージ

計画表記入例

ライフプラン計画表については・・・

詳しくは年代別ガイドブックで!

販売図書のページへ

ライフステージと収支のイメージ

ライフステージ

家族構成別・年代別生活課題と重要テーマ

●夫婦・子どもありの家庭では…

  生活課題と重要テーマ
30歳代 ・家庭の形成(結婚、出産、育児等)にともない、将来の長期プランと身近な貯蓄目標を並行して考える時期です。
・また住宅購入が大きなテーマであり、その準備と決断を行う時期です。
・将来必要な資金づくりを確実に行う必要があります。
40歳代 ・住宅ローンとともに、子どもの教育費の負担がピークを迎える時期です。
・これから住宅購入を検討する場合は、余裕を持った返済計画を立てましょう。
・老後のための貯蓄もしっかり計画しておきましょう。
50歳代 ・子どもの教育費の負担が減り、セカンドライフの資金手当ができる時期です。
・退職後の生活を見据えた計画を立てましょう。
60歳代以降 ・収入は限られるため、支出の見直しは必須です。
・毎月の日常生活費については、できるだけ年金収入を中心に対応し、貯蓄の取り崩しを抑えるようにしましょう。
・医療費など緊急予備資金の手当ても必要です。

●シングルでは…

  生活課題と重要テーマ
現役 ・突然のケガや病気により働けなくなり収入源が絶たれた場合を想定して、貯蓄や保険などで生活を維持するための準備が必要です。
退職後 ・自分が老後を迎えた時、頼りになるのは自分一人です。したがって、例えば介護が必要になった場合や入院した場合など、介護ヘルパー代や付添いが必要になるため、加齢とともに起こるさまざまな問題に対して、解決策を立て資金準備を考える必要があります。

●夫婦のみの家庭では…

  生活課題と重要テーマ
現役 ・費用面で負担が少ない分、金銭面で余裕があるでしょう。生活レベルもかなり上の生活が可能ですが、シングルと同じように、自分が働けなくなった場合を想定して、「いざ」という時に困らないようにしておきましょう。
退職後 ・子どもに頼るということができませんので、介護が必要となった場合などを想定して、民間の介護保険に加入したり、老人ホームに入るための資金を考え、それに対応できる資金を確保しておきましょう。

出典:はじめよう家庭経済設計

ページトップへ